貸し会議室選びを補助するレンタルサービス情報サイト

貸し会議室需要が高まった要因とビジネス以外の需要

このコラムをシェアする

貸し会議室とは

貸し会議室は会議や打合せの場を時間で区切って貸出すサービスに端を発した、レンタルサービスの一種です。
会議や打合せの場となるスペースの提供を基本的なサービスとしていましたが、顧客からの需要を受け、貸出時間を短く区切ったり、会議や打合せ以外での利用を目的とした貸出用途に応じたりするうちに、会議や打合せ以外にも利用可能なレンタルサービスに変化しました。

一般に貸し会議室の用途は、会議室に準ずるものですが、インターネットの普及に伴う通信手段の発達や、国内市場が成熟したことによる経済成長の鈍化で不動産を維持する費用を無駄と見做しました。
本社を都心から移転する企業が表れ始めるなどしたことによる、都心部のオフィスの減少によって、需要が生じたことで市場が拡大傾向にあります。

主な貸し会議室のメリット・デメリット

主な貸し会議室のメリットは、都心部でも多人数で集まることができる場所を確保できることにあります。
それ以外に会議や打合せに利用される機器や備品、文房具などもレンタルできますし、部屋に破損や破壊のようなダメージを与えない限り、使用前後の部屋の清掃を行う必要もなく、カラオケ店のような専門性の高い施設には及ばないまでも、部屋に一定の防音効果が備わっていることが多いなどの点が挙げられるでしょう。

なお、貸し会議室の広さは事前にわかるものの、においや清潔感などの雰囲気はサービスを提供する業者に依存します。
交通の便や設備・備品も同様ですが、事前にチェックすることで回避できるとはいえ、事前チェックを必要とする点や業者選びに注意を払う必要がある点がデメリット言えばデメリットかも知れません。